10月25日(土)に,恒例となりました1年生による「広島フードフェスティバル」取材を行いました。

前出のブログ「インタビューを体験しよう」で,学内のマスコミ学科以外の友人・知人でない学生に声をかけ,マスコミ学科(の学生)の印象を尋ねるプログラムを紹介しましたが,この「広島フードフェスティバル」取材はその発展的ステップです。

  1. まずは会場の雰囲気に慣れ,面白そうな商品(食べ物)を見つける。
  2. 実際に食べてみて,食感を確認して,人に勧めるならそのウリとなるような言葉をメモする。
  3. 同じものを食べた人二人に取材し,感想などを訊きメモする。

取材ではこのように比治山大学の腕章をつけます。決して怪しいものではありませんという証として。
Food-F2014-02.jpg


食べるのは良いのですが。見ず知らずの人に声をかけることに緊張感・不安感があったようですが,意を決してやってみると,
Food-F2014-03.jpg

ほら!

Food-F2014-04.jpg

ほら!

Food-F2014-07.jpg

来場者の皆さんに快く応えていただき,楽しんで取材をしているようでした。

取材を終わって腕章を返す1年生を見ていると,なんとなく自信に満ちた顔をしていました。

この「広島フードフェスティバル」で学生たちを追いかけましたが,ここではあれほと食べ物や飲み物が売られ,あちこちで食べられ飲まれているのに,まったくゴミとなって散乱していません。

Food-F2014-06.jpg

来場者の協力を得ながら,すべてこのリサイクルステーションで分別回収されます。
今更ながら,来場者のマナーの良さに感心しました。

Powered by Movable Type 5.14-ja

このページは、マスコミ学科が2014年11月 1日 17:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「インタビューを体験しよう」というプログラム」です。

次のブログ記事は「学び広がる 来年度からのマスコミ学科」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。